BDC銘柄【MAIN】メイン・ストリート・キャピタルを9万円分購入しました

BDC銘柄【MAIN】メイン・ストリート・キャピタルを9万円分購入しました

どうも、ぜつぼうのまちです。

下げ相場でほしい銘柄が沢山あったのに余力がなく買えませんでした(´・ω:.;::..

入金力こそ力というのを痛感します。

 

さて、7月分ですが【MAIN】メイン・ストリート・キャピタルを9万円分購入しました。

メイン・ストリート・キャピタルは主に新興企業、中小企業を対象とした投資会社、

BDC(ビジネス・デベロップメント・カンパニー)です。

 

BDCとは

BDCは投資会社ですが、投資先が新興企業、中小企業であり、法で資産の70%以上を市場価値2.5億万ドル以下の企業に投資すること、1銘柄当たりの構成比率を全体の25%以下に抑えること等が定められています。

沢山の新興企業、中小企業にありったけ投資しなさいよということでリスクを背負っています。

しかし、利益の90%以上を配当として分配することという定めもあり、

これにより法人税が免除され、その分株主に分配され高いリターンを得ることができます。

ハイリスクハイリターンというわけです。

【MAIN】の利回りも現在6%ほどあります。特別配当を含めるとさらに上がります。

ちなみに【AAPL】アップルや【GOOGL】グーグルもBDCのお世話になったらしい。へぇ~。

MAINについて

上記のような性質を持つ数あるBDC銘柄の中で私は【MAIN】を選びました。

理由としては2つあり、1つは他のBDC銘柄の株価がほぼ一定ないし上がり幅がわずかなのに対し、【MAIN】は株価がほぼずっと右肩上がりということです(今回かなり下げたけど…)。

配当以外での恩恵を受けることができるかもしれません(今回かなり下げたけど…)。

そしてもう1つは配当が毎月出るということです。

私は貧民寄りの平民なので、いろんな銘柄をたくさん買うことは難しく、現在の銘柄構成では無配当の月も余裕であります。

そんな中、わずかであっても毎月配当をくれて、働いてないのにお金が入る喜びを与えてくれる銘柄はモチベーション維持にもつながります(たぶん…)。

ただ、【MAIN】もいいことばかりではありません。

出典:Main Street Capital Corporation  Dividends

リーマンショックの景気後退局面にはそれまで順調に増配してきた配当が、増配なしで0.125ドルのまま約2年続きました。

しかし、その後景気後退局面後は連続増配しており、1年に2回、ちょうど半期ごとに特別配当を出しています。

今後景気後退局面時は怖いですが、【MAIN】は今後も買い増しの予定です。

リスクも踏まえ、チャレンジ枠として最終的に両方合わせて全体の10%くらいに落ち着ければと思っております。

 

今日はこんなところです。ありがとうございました。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村