毎月分配のMAINとPFFはどっちがいいの

毎月分配のMAINとPFFはどっちがいいの

どうも、ぜつぼうのまちです。

配当金がほしくてたまらない僕ですが、いかんせん入金力が弱く、沢山の銘柄を購入することができません。

そのため、今現在では無配当の月もあります(´・ω:;.:…

せっかく投資しているのに配当が出ない月があるなんて寂しい!つらい!という心の寂しさを埋めるため、僕は毎月分配がある【MAIN】を所有しています(40株だけだけど…)。

MAINについて

 

ただ、MAINはBDC銘柄で金融危機に弱く、実際2008年頃の景気後退時には2年ほど増配が止まっています。

今後の金融危機時にはもしかしたら減配するかもしれないリスクもあり、継続的に保有する上でいくつか不安要素もありました。

そんな中、MAINと同じく毎月分配銘柄で、かつ世間的に人気のある【PFF】(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)が気になり、個人的に気になる点を比べてみました。

観点がずれてるとか、そもそも比べる対象としてどうなのといった話があるかもですが、大目に見てくれよな!

 

配当利回り

配当利回りはMAINが5.68%に対し、PFFは5.57%で、いずれも5%以上の高い利回りになっています。差が0.1%程度なので利回りはどっこいどっこいというところですね。

 

株価

MAINはその時々の情勢により多少の上げ下げはありますが、ほぼきれいな右肩上がりです。

もし売却する際、キャピタルゲインも大いに期待できます。

 

対するPFFは金融危機時を除き、37ドル付近できれいに停滞しています。

相場が下がるときは下がるけど上がるときでも上がらないというリスクがあります。

購入する分には株価を考えなくても買えるから楽でいいんですけどね。

 

暴落時の下落幅

2008年のリーマンショック時の暴落の下落幅は、MAINが直近値約14ドルに対し最低約8.8ドルで約37%の下落、PFFが直近値約37ドルに対し最低約19ドルで約49%の下落となっています。

いずれも金融危機に弱いですが、下げ幅的にPFFの方が大きく、MAINの方がよさそうです。

ただ、MAINは2007年の上場で当時若かったので、次回暴落が来た際はどうなるか不明です…。

というか、金融危機に強い銘柄なんてあるのか?(´・ω:;.:…

 

配当月別推移

MAINは2008年の金融危機時から2011年途中まで増配がなく一定額の配当でしたが、その後近似曲線でも明らかなように、減配なくきれいな右肩上がりとなっています。

6月、12月には特別配当も実施され、現在も続いています。

対するPFFはほぼ一定か、近似曲線を見ると下げ気味です。

それに月ごとに分配額がバラバラなのも個人的にマイナスポイントですね。

ただ、金融危機時でもあからさまな減配は見られません。

 

MAINとPFFを比べるとこんな感じになります。微増のMAINと微減のPFFではあまり変わらない感じですが、特別配当がある分MAINの方がお得な感じがします。

配当年別推移

配当月別推移を年に直しただけですが、これを見るとMAINとPFFの勢いが明らかです。

やっぱりMAINだな!

 

MAINのメリット、デメリット

これらを踏まえ、MAINのメリット、デメリットをまとめました。

○メリット

・(金融危機がこなければ)増配が見込め、安定した高配当が見込める。

・配当にだけでなく、インカムゲインも見込める。

○デメリット

・BDC銘柄であるため金融危機に弱い。

・金融危機時には減配リスクがある。

・買い時が難しい(鉄の心でドルコスト平均法が行えるなら無問題)。

 

PFFのメリット、デメリット

続いてPFFのメリット、デメリットです。

○メリット

・安定した高配当が見込める。

・通常時は株価が安定しており、ドルコスト平均法で購入する場合安定した価格で購入できる。

○デメリット

・構成銘柄に金融系が多く、金融危機に弱い。

・株価がほぼ一定で推移するため、インカムゲインが期待できない。

・その割に金融危機時には大幅に株価が下落する。

 

まとめ

以上を踏まえると、PFFはあまりうまみがなく、リスクを背負うならやっぱりMAINのままでいいかなと思います。

ただ、MAINもPFFもリスクが高いので、声高にいいぞ!とは言えません。

僕自身も今は毎月の高配当のためMAINを購入しますが、いずれ売却を予定しています。

MAINより優良な個別銘柄やETFは沢山あるので、しばらくの間はMAINを買い増し、配当が出ない月の心の寂しさの穴埋めをしてもらいます。

その間に購入を続けた優良個別銘柄、ETFがマイポートフォリオの中で頭角を現してきたら売却し、インカムゲインもゲットできたらいいなと思っています。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村